首页 > 学习园地学习园地
中国の増給幅、来年は縮小へ 若者の離職率は高止まり
 現在の経済情勢下、あなたは離職を選択しますか-----。中国大手就職ポータルサイトの前程無憂が29日に発表した「2013離職・給与調整調査研究報告書」によると、マクロ情勢が不明瞭な前提下、社員の離職と企業の増給はいずれも慎重になっている。データによると、2012年の社員全体の離職率は、昨年の18%を下回る16.7%となった。また不明瞭な経済情勢を受け、企業も2013年の給与調整に対してより慎重になっており、来年の増給幅は1ポイント低下の8.6%となる見通しだ。しかし同報告書は、1985-1989年に生まれた新世代の社員については、離職率が高止まりすると指摘した。北京晨報が伝えた。
 同報告書によると、1985-1989年に生まれた社員の離職率は、全体の16.7%を大きく上回る22%に達した。このうち、社員の自主離職の重要な理由は、依然として「給与・福利厚生に不満」となった。人材派遣業界のアナリストは「1985年以降に生まれた新世代の社員は、自己実現を重視する考え方や定まらない職業観、企業への忠誠度の低さなどから、定着率が低くなっている」と分析。「新世代の社員に対して行き届いた管理を行い、社員の定着率を高めることで、管理コストを抑制するべきだ」と指摘する。
 不景気により、企業も給与調整に慎重になっている。同報告書は、2013年の企業増給幅を8.6%と予想しており、2012年をやや下回る見通しだ。しかし業界内からは、来年の金融業界および技術者・開発者の給与は、高い増加率を維持するという予想があがっている。
 業界別に見ると、金融業界の2013年の増給幅は、その他の業界を上回る10.4%に達すると予想されている。バイオ医薬業界は9.2%、不動産業界は9.1%、エネルギー・化学工業は8.9%、製造業は7.8%と予想されている。
 競争が引き続き激しさを増す中で、多くの企業がモデルチェンジ・アップグレードを検討し始めており、技術者・開発者がその支柱となる。そのため技術者・開発者の2013年の増給幅は10.1%に達し、その他の職種を上回ると予想されている。営業職の増給幅は、最も低い6.9%と予想されている。

 
联系我们
电话:0755-22321421
手机:13728618669
  QQ:1719908372
邮箱:king80tiger@126.com  
地址:
深圳盐田北山道倚山时代B20G
博客:http://blog.sina.com.cn/tianlangbxingwawa
版权所有:Copyright@2010-2011 深圳金百玲翻译有限公司             粤ICP备09214938号
实话实说 | 翻译服务 | 学习园地 | 公司案例 | 公司活动