首页 > 学习园地学习园地
日本の総選挙は混乱の様相
   日本の衆議院選挙は1216日に投開票が行われる。14もの政党が候補者を擁立する方針で、有権者は各党の公約を見分けるのに戸惑いを感じている。テレビ局は選挙番組の時間枠調整に悩んでいる。日本維新の会はじゃんけんによる選挙区調整で盟友を抱き込む考えだ。北京晩報が伝えた。

 ■政党と公約の余りの多さに有権者は眩暈

 産経新聞の24日付報道によると、現行の選挙制度が1996年に施行されて以来、今回は候補者を擁立する政党が最も多い衆院選になる。政治勢力「第三極」が流行のスローガンとなり、小政党は「合従連衡」を図り、民主、自民両党への挑戦を開始している。主な争点は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加や原発廃止の是非だ。

 「政党の数が多い」と会社員の武田正和さん(56)は言う。「おまけに主張の違いがよくわからない」。産経新聞は、支持や反対を表明しても、政党ごとに細かい条件を付け加えているため、政策の違いが理解しにくくなっていると指摘。「黒か白かの判断しかできない。(政党が)もっと整理して説明してくれなければ、理解できない」と武田さんは言う。

 元民主党員を中心とする新党が少なくないため、主要政策が似通っており、有権者には区別がつきにくい。塾経営の松本敦子さん(57)はどの政党に投票するか決めかねている。「正直言って、(各党の)主張の区別がつかない。ぼやけた感じがして、結局はみんな同じように感じる」。

 大学4年のある女子学生は「政党と公約が多すぎて、最終的には候補者で選ぶしかない。もし考えが近い人がいればラッキーだ」と言う。
メディアは全ての政党を取り上げなければならないのが頭痛の種

 政党数が多いため、各テレビ局にとっては政見放送や討論番組の調整が頭痛の種だ。NHKは午前5-7時台に各3枠を検討しており、半分が各党の政見放送が占めることになる。「5時台から(政見)放送をせざるを得ない。これはよくあることではない」と、政見放送担当の須田俊明氏は言う。「(こんなに早い時間に)誰が見るのか?」放送時間帯によって視聴率が異なるため「公平、公正に尽力するしかない」。NHKは午前10時台と午後2時台にも政見放送を見込んでいる。「最終的には(昼間の)毎時間放送することになるかもしれない」と須田氏は言う。

 討論番組も頭痛の種だ。公平を確保するため、番組では各党の党首に同じだけの発言時間を与えなければならない。NHKの討論番組制作者は「1人の発言を1分間だけにしても、1時間番組で4回しか質問できない。これは討論とは言わない」と指摘する。「政党がもっと増えたら、番組としてやっていけない。民放は小政党の発言時間を短くできるが、公共放送はだめだ。番組時間を延長するしかない」。

 民放も同様に悲鳴を上げている。従来こうした番組では主要政党の幹部のみを招くのが普通だったが、今回の選挙では政党間の合従連衡のために、どれが「主要」政党なのかの判断が難しい。フジテレビの夜のニュース番組を担当する高島英弥氏は「時間枠全部で衆院選を扱うが、どの党の誰を招くかが固まらない。どうすればいいのかわからない」と言う。

 ■選挙区調整はじゃんけんで

 今回の衆院選で「第三極」形成を図る日本維新の会と「太陽の党」が合流した後、維新の会の橋下徹代表代行は23日、「みんなの党」を仲間に引き入れようと合流を呼びかけた。みんなの党は現段階では選挙協力を模索。両党は8都道府県18選挙区で競合している。橋下氏はテレビ朝日の番組で、みんなの党に「一緒になろう」と呼びかけ、渡辺喜美代表に「英明な決断」を求めた。競合する選挙区については「最後はじゃんけんで決めていい」と提案したが、渡辺氏は「そんなばかなことは許されない」と応じた。

 岡田克也副総理(民主党所属)は橋下氏の発言について「驚いた」と表明。自民党の石破茂幹事長も「これが国民に真面目に向き合う態度か?」と疑問を投げかけた。
 
联系我们
电话:0755-22321421
手机:13728618669
  QQ:1719908372
邮箱:king80tiger@126.com  
地址:
深圳盐田北山道倚山时代B20G
博客:http://blog.sina.com.cn/tianlangbxingwawa
版权所有:Copyright@2010-2011 深圳金百玲翻译有限公司             粤ICP备09214938号
实话实说 | 翻译服务 | 学习园地 | 公司案例 | 公司活动