首页 > 学习园地学习园地
毛丹青氏独占取材(1)莫言氏と大江健三郎氏の交流をプロデュース
10月にノーベル文学賞の受賞が決まった中国の作家・莫言(ばくげん)氏と親しい中国人バイリンガル作家、毛丹青・神戸国際大学教授(50)は最近、莫氏の日本における交流活動の構想を練っている。莫氏のノーベル賞受賞は、まるで特急列車のように、莫氏や中国文学という夢を載せ走り出した。中国文学がこれから国際舞台で活 躍するという希望を多くの人が抱いている。1987年に生活を変えようと決意して単身日本へ留学した毛教授もまた、異国の地で、言語や文化の壁を越え、莫氏の作品や中国文学を世界に向けて発信している。「人民網」が報じた。

 毛教授は才能に満ち、能弁で、かつ腰の低さを忘れない。25歳の時に日本に留学し、94年に学業を捨て、商業に従事した。しかし99年、文学を愛する毛教授は商社の仕事をすべてやめ、日本語による創作活動に没頭するようになった。一方で、中国文学が世界でまだ知られていないことに気を揉み、それを世界に発信するために自分にできることをしたいと考えるようになり、これも創作活動や交流を展開する原動力となった。ただ、これは「使命感」ではなく、「こつこつと行う草の根活動にしたい」というのが毛教授本人の願いだった。

 毛教授は文化的気質に満ちているが、商談にたけたビジネスマンのようなコミュニケーション能力も備えている。毛教授は自らのことを莫氏の「ヘルパー」とし、十数年にわたり莫氏が日本でさまざまな交流を展開できるようサポートしてきた。そして、小説家・大江健三郎氏や吉田富夫・佛教大学名誉教授らとの交流の道を開き、新たな交流活動も現在計画中だという。

 毛教授はさらに20111月より、日本の文化やライフスタイルなどを紹介する中国の日本専門雑誌「知日」の主筆を務めている。同誌の出版は中国の若手編集者が日本に特化した雑誌の出版を毛氏に持ち掛けたことで実現した。同誌の内容は空論ではなく、日本の実情を詳しく述べている。毛教授は、中国人に日本を知ってもらうためには、多くの人がまず日本に出向き日本を理解することが必要と考えている。毛教授がこれまで行ってきたことがまさにそれで、日本という現場から「思想」ではなく「素材」を提供してきた。これらの「素材」は思想の基になるというわけだ。
以下は人民網が行った毛教授の独占インタビューの要旨。

 -----中日の作家の交流を促進する意義は何だと考えるか?

 まず、私は文学青年で、小さなころから小説を読んだり、何かを書いたりするのが好きだった。日本で生活するようになった25年前、中国にはすばらしい文学作品がたくさんあるのに、日本ではあまり知られていないことを知り、何かやきもきするような気持ちにさせられた。その気持ちは今でも強く残っているため、限られた空間と人脈を通して自分にできることをしている。私がしていることは草の根のようなもので、単に「自分が好きなこと」だから。「使命感に燃えている」というようなことではない。中国文学のためにしなければならないことで、自分にできることがあるのなら、したいと思っている。長年こつこつとやっている間に、莫言のほか、蘇童(スートン)や余華(ユイホア)、アニーベイビーなど多くの中国人作家が初めて隣国日本に来た時に、一緒に過ごせたことを光栄に感じている。私は彼らの目を通して日本を観察したいと思っており、互いにとって益がある。

 -----中日の作家の共通点は何か?また、交流を進める時に生まれるものは何か?

 私が日本の出版界や文壇(ぶんだん)とつながりがあるのは、98年に日本語による作家活動を始めた時に、私の作品を出版する出版社が私をこの世界に入れるようにしてくれたから。そして自然と日本を代表する作家と知り合うことができ、交流の機会ができた。私は交流を通して、作家同士の間には、決して抽象的なものではない、共通のインスピレーションがあるということを知った。その典型的な実例が、02年に莫氏が私と大江氏を彼の故郷に連れて行ってくれた時のことだ。大江氏はあぜ道で、「風景は人と記憶のかけ橋であり、我々は風景を通じて記憶を自由に行き来することができる。今日はとても感動した。生まれて初めて果てしない地平線を見ることができた」と述べた。彼はこの言葉を語った時、少し涙ぐんでいて、私も感動した。私は、彼は文学において最も大切なものに触れることができたと感じた。文学家にとって必要なものとは、大々的なスローガンではなく、実際の風景なのだ。この時、我々の交流は国や言葉を超えた心の交流になった。果てがない地平線を見渡すことができる田舎である莫氏の故郷が、愛媛県喜多郡内子町という山中の町で育った大江氏の幼い頃の記憶を呼び起こしたのだ。この交流の発起人であり、現場で通訳も務めていた私はその時、何も繕うことも隠すこともない感情の表現を肌で感じることができ、本当に光栄だった。だから、このような方法で中国と日本の作家の交流を促進することに、なにも間違いはないと思っている。
 
联系我们
电话:0755-22321421
手机:13728618669
  QQ:1719908372
邮箱:king80tiger@126.com  
地址:
深圳盐田北山道倚山时代B20G
博客:http://blog.sina.com.cn/tianlangbxingwawa
版权所有:Copyright@2010-2011 深圳金百玲翻译有限公司             粤ICP备09214938号
实话实说 | 翻译服务 | 学习园地 | 公司案例 | 公司活动